FC2ブログ
女子〇生やエッチな女の子、人妻と援助交際出来るサイト
色んなサイト試してきたが、男の割り合いが多いサイトだと、中々出会えないことが多い。
逆に、男の割り合いが少なく女の子の登録が多いサイトだと、確実に会える!
割り切りとか、セフレとかもありだけど、
管理人は主にかわいい女の子と援助交際を楽しんでます。
中でもとくに、Jの女の子と援交しやすかったサイトをちょっとだけ教えます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイトで出会ったいじられたい願望アリの予備校生の彼女のために俺はSMホテルを選んだ・・・

もちろん、彼女はSMホテルに入る事は初めて…
俺は一番ノーマルに近い部屋を選択した…

一番ノーマルに近い部屋だが、
普通のラブホテルと比べると、かなり異質な空気を持っている…
部屋には、天吊り手枷や拘束椅子が設置され、
トイレは別室になっているがドアという物は存在しなかった…

部屋に入った俺は、不安がる彼女を抱き寄せ、
天井から吊るされている手枷に手を固定した…

「ほら…、こーやって使うんだよ…」
「動けないでしょ?」
「…うん」
「…これから、どんな事されるか、分かるかい?」
「………」

俺は、彼女の服を脱がし、パンティーの中にローターを入れる…
彼女の細くてか弱い喘ぎ声が部屋に響き渡り始めた…

「ぁぁぁん… ぅぅぅぅぅぅん… ぁぁぁぁん…」
「大きくてイヤラシイ胸だね…」
「…こんな事されたかったんだ? 勉強もしないでこんなイヤラシイ事シテていいのかな?」
「ぅぅぅん… ぁぁぁぁん… はぁぁぁん…」

俺は、身動きの出来なくなった彼女の唇を犯し、
涎を彼女の口の中へと流し込みながら、舌を絡ませ続けた…

彼女はローターにクリトリスを犯され、腰がひけてしまっている…
その腰をガッシリと掴み、イジワルな言葉を口にしながら、彼女のHカップの豊満な胸を貪り始めた…
イヤラシク音を出し、息遣いを荒げながら…

「ジュパッジュパッ、はぁ、はぁ…、あぁ~、本当にイヤラシクて綺麗なおっぱいだ…」
「あ… あぁぁん… あっ…」
「ん~? オジさんに犯されて気持ちいい?」
「あ… 気持ちいぃです… あっ…」
「そう… もっと気持ちよくしてあげるからね…」
「あぁぁぁぁん… はい… もっと気持ちよくしてください…」
こんなにも可愛い娘をいやらしく苛めることを想像して、興奮をしてしまっていたが…

援助交際ではないとは言え、彼女は予備校生…
これからのシーズンは、来春に向けて、夏期講習は多忙なスケジュールで詰まっているはず…

時間は昼過ぎ…
予定や心の準備、色々な問題をクリアしなければならないが、
恐らくこのまま今日という日が過ぎてしまうと、
彼女は援助交際などアブノーマルなことがしたいのにできないという悶々とした気持ちを長い間持ち続けなければならない…
俺は思い切って、今日会う事を提案してみた…

それまでのメールのやり取りである程度、俺の事を信頼してくれたのか…
縛られ、自由の効かない状態でオモチャでいやらしく延々とイジメられる事に対する興味か…
彼女は快く承諾し、15時にとある駅で待ち合わせをする事に…

15時…
俺は改札で彼女を待っていた…
あまりに早い展開に少しの不安を抱きながら…

10分位遅れて彼女が笑顔で現れてくれる…
背が高く、ほっそりとした輪郭の可愛い娘…
髪が黒いせいか、少し落ち着いている雰囲気があった…
細い体に全く釣り合わない、大きな胸がイヤラシク強調されていた…

挨拶を済ませ、早速ホテルへと向かった…
ホテルへと向かう道すがら、お互いの共通点でもある、
Mr.Childerenの話題で盛り上がる…
時折、イジワルに大きな胸に手を伸ばし、イヤラシク揉みながら…

そして、ホテルへ到着…
先週の週末サイトから、俺のプロフィールを見たらしき女の子から1通のメッセージが届いた。

> 私もMr.Children大好きです!良かったら仲良くして下さい♪

確かに俺は、Mr.Childrenの詩が好きで彼等の曲を好んで聴いている…
だが、それだけでわざわざ俺にメッセージを送ってくるだろうか?
Mr.Childerenのファンの人は沢山居るはずなのに、そして、俺のプロフィールにはエロの内容も含まれている、それでもわざわざこの俺に…

そして翌日、俺は、彼女がメッセージしてきた本当の理由を探り始める…
そして、彼女からの何通目かのメッセージで全てが明らかになった…どうやら、援助交際希望ではなく、純粋にエッチがしたいらしい。

> めちゃくちゃにされたい…(笑)
> 縛られるのとかオモチャとかしてみたい!
>私の ○○○をいやらしく犯して下さい…

彼女は予備校生で毎日予備校通いの忙しい日々を過ごしている
たまたまその日は、お休みでオナニーに耽っていた…

そして、今まで援助交際もしたことがないので、勇気を出しメッセージを送る…
そのメッセージがきっかけとなり会う約束の調整を始めていた…
すぐに直アドを交換し、知らない男性に会う恐怖心を少しでも和らげてあげる為に、
写メの交換や他愛ない話をメールで何通もやり取りをする…

送られてきた写メには、友達と二人で楽しそうに写っている、
ごく普通の可愛い娘の姿…
写メに写っている娘をいやらしくイジメる事を想像し、俺も興奮をしてしまっていた…
俺は、そのイヤラシイ部分に理性を奪われてしまっていた…
ヒダヒダがペニスに纏わりつき、吸盤の様に吸い付かれる感覚に包まれる…

何も考えずに腰を振り続けた…
腰を振る度に今まで味わった事の無い快感が押し寄せ、
射精を迎えようとしていた…

「はぁ、はぁ、はぁ… いくぞ…」
「うん… いぃょ… イッて… あぁぁぁぁぁぁぁぁ… あぁぁぁぁぁぁぁぁ………」

余韻に浸る様に射精後も腰をゆっくりと振り続ける…
「あ… あぁ… あぁぁん…」
まだ感じ続けている彼女…

終わった後、二人ともしばらく動けない状態が続いた…



ホテルを出た後、出会った場所まで彼女を送り、
俺は東京へと向かった…

名古屋という土地を初めて訪れ、また来たくなってしまった…
本当にイヤラシイ素養を持った娘がいる名古屋に…

彼女はまだ他にももっとイヤラシイ願望があるようなので、
今度名古屋に行くとき必ず会おうねと約束をして、お別れをしました。
いつも援助交際の子を探すのに使ってるサイトで出会ったエロ娘を苛めるHの続き。

上下左右と激しく電マを動かし、彼女を犯し続けた…
「あぁぁ… ダメ… もうダメ… あぁぁぁ… あぁぁぁぁぁ…」
@だが彼女に出来る事は、快感に身を委ねる事位しかなかった…
やげて彼女は快感に支配されていく…

「あ… イク… イク… イック… あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…」
「また… また… またイッ…」

この部屋に入り、何回イッテしまったのだろう…
俺はその可愛い顔をした淫乱な娘の目の前にペニスを持っていった…
彼女は可愛い顔をして、舌を上僕は、喉の奥までペニスを押し込んだ…
咳き込む彼女…
「そろそろ本物のペニスを入れてあげるょ…」

俺は、彼女に挿入を始める…
その時、今まで味わった事のない感覚がペニスを包んでいた…

イジメている最中にも感じていた…
指で犯している最中、彼女の膣の突起が普通の女性よりビッシリある事…
そして、バイブを出し入れしている最中にもバイブに吸付いている様な感触があった事を…

そう、彼女は名器と呼ばれるアソコの持ち主のようでした。
「お前のマンコ気持ちいぃな…スゴいよ!!」
「はぁぁぁぁぁ… はぁぁぁぁぁ… 私も… 気持ちいぃ…」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。