FC2ブログ
女子〇生やエッチな女の子、人妻と援助交際出来るサイト
色んなサイト試してきたが、男の割り合いが多いサイトだと、中々出会えないことが多い。
逆に、男の割り合いが少なく女の子の登録が多いサイトだと、確実に会える!
割り切りとか、セフレとかもありだけど、
管理人は主にかわいい女の子と援助交際を楽しんでます。
中でもとくに、Jの女の子と援交しやすかったサイトをちょっとだけ教えます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年以上前…
サイトで出会った頃の彼女はまだ10代の少女だった頃、
住んでいる駅が近かった事もあり1度だけ食事をした…

当時の彼女は、まだ子供っぽさが残っていたが、
少し大人っぽくなった彼女は、女性としての色気が増し、
お互いが生まれたままの姿となり、
快楽を貪る事を想像するだけで興奮を覚える程に変化していた…


「久し振り、綺麗になったね…」
「そーですか?○○さんも相変わらず渋いですよ!」

上品で「水野真紀」に似た清楚な顔立ちとは不釣合いな、
イヤラシイ程に張り出した胸…

俺は既に、彼女が快楽で上品な顔を歪ませ、
スタイルのいい体をくねらせる姿を想像しいた…

翌日、彼女が仕事だという事もあり、
彼女の希望で午前中から人気のカフェへ向かった…

まだ開店前…
俺らは、ベンチへと座る…

彼女の近況等を聞きながら、
本題へと入っていった…

「彼氏が居るのに、他の人とエッチしたくなったの?」
「ん~、ちょっと冒険してみたくって…」
「へぇ、彼氏より良かったらどーする?」
「どーしよう…」
「いつでも会えるよ…」

既に彼女の後ろに回した手は、
豊満な胸を揉みしだいていた…

「人に見られるよ… 恥ずかしい…」
「イヤラシイ事考えてるんだろ?」
彼女は、俺の胸に顔を埋めた…
>お久しぶりです☆
>元気にしてますか?

>なんだか、昨日の夢に○○さんが
>でてきました(笑)

以前サイトで知り合った女の子から、1年振りに届いたメール…

俺は、夢の中で2人が何をしていたのかが気になり、
メールを返す…

>なんか、エスコートされて
>デートしてた♪

当時の俺はまだ援助交際とか、ネットで知り合う女性とセックスすることはほとんどなかったので、
「久し振りに食事でも行こうか?」と返していただろう…

以前、彼女と食事を1度しただけ…
返信が来ない事も考えられたが、思い切ってメールを返す…
>お泊りデートでもしよっか?

直後に彼女から届いたメールは意外な反応だった…
>いいねいいね♪

その後のメールのやり取りは、
セックスする事を前提に援助交際の体験談などの話で盛り上がっていく…
そして、セックスをする為の待ち合わせを…


週末の金曜日…
待ち合わせの改札を出た場所で彼女は待っていてくれた…
俺の右手は彼女の潮でずぶ濡れになっていた…
縄から彼女を解き、ベットへと移動する…

フラフラの彼女をベットへと押し倒し、彼女をペニスで犯しはじめた…
正常位、測位…
アソコにペニスを咥えた彼女は、貪欲に性的快感に溺れ続けていた…

「ああぁぁぁぁぁぁぁ… あぁん… はぁぁぁ… 気持ちいぃ… あぁぁん…」
「ほら…援助交際の気分を味わいたいんでしょ… いっぱい犯してあげるよ…」
「あぁぁぁぁ… いい… 気持ちいい… はぁぁぁぁん…」

ベットはギシギシと音を立て、イヤラシイあえぎ声と激しい息遣いが続き、
やがて最後を迎えた…


今年の春から大学受験の為に上京して来た彼女…
これから春までの間は、自由になる時間など殆どないだろう…
ストレスが溜まり、援助交際のように犯され、メチャクチャにされたくなったらいつでもおいで…
恥ずかしい位にメチャクチャにして、スッキリさせてあげるよ…
いつも援助交際してくれる女の子を探すのに使ってるサイトで出会った予備校生の彼女の可愛らしい喘ぎ声を聞きながら…

俺は彼女を一旦、手枷から解き、後ろ手に縛りあげ、天井のフックへと固定する…
下半身をオモチャに犯されている彼女…
目の前の大きな鏡に恥ずかしい姿が写し出されていた…
天井からの縄を緩めに固定し、彼女にペニスを頬張らせる…

「んんん… んんんんんぅ… はぁ… んんんん…」
喉の奥までペニスに犯されている彼女の口からは、大量の唾液がイヤラシク床に落ちていく…

「あぁ、気持ちいい… ほら… 恥ずかしい自分の姿を見てごらん…」
「ん… んん…」

首を横に振りながら、ペニスを頬張り続ける彼女…
今までにこんなイヤラシイ光景を彼女は目にした事は無いだろう…
オナニーを続けていた援助交際の妄想が現実となっていた…

彼女から電マとバイブを外し、指で彼女を犯しはじめた…
「ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ… あぁぁぁぁ…」
「いやぁぁぁぁぁ… お願い… お願い… もう許して…」
「ん~?辛いのか?」
「ああぁぁぁぁぁぁぁ… 気持ちいぃ… だめ… はああぁぁぁぁぁぁぁぁ…」
素直な彼女に電マという凶器が襲い掛かろうとしていた…
俺は、ローターの何倍もの振動の電マを彼女のパンティーのお尻側から突き刺す…

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ… はぁっ… はぁっ…」大きく体を揺らす彼女…
「ん? どう? 気持ちいいの?」
「はぁぁ… ぅぅぅぅぅん… 気持ち… いぃ…」
「まだまだ… これからもっと気持ちよくなるよ…」

そう告げると、彼女のパンティーを剥ぎ取り、縄で電マを再度固定した…
そして、後ろからバイブで彼女のアソコを犯しはじめる…

電マの振動音、バイブのヘッドがウネウネと動くモーター音、
ローションと彼女の愛液でヌチヌチョと音を立てながらバイブが出し入れされる音、そして彼女の喘ぎ声…
部屋には、様々なイヤラシイ音が響いていた…

「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん… あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ… あぁぁぁぁぁ…」
「気持ちいいんだー? イヤラシイ娘だなぁ…」

縄で彼女のアソコにバイブも固定し、彼女の目の前に移動した
そして、彼女の耳元で囁く…

「ほら… 来て良かっただろ? クセになっちゃうかもしれないけどね…」
「あぁぁぁぁぁぁ… はぁぁぁ… 気持ちいぃ… 気持ち… いぃ…」

俺は、彼女の喜ぶ顔をしばらく鑑賞する…
出会った時のあどけない表情とは全く異なる、綺麗でセクシーな切ない表情・・・
「イヤラシイ表情してるよ… そんなに気持ちいいんだ?」
「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ… ぁぁぁぁ…」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。