FC2ブログ

未分類

ここでは、「未分類」 に関する記事を紹介しています。
色んなサイト試してきたが、男の割り合いが多いサイトだと、中々出会えないことが多い。
逆に、男の割り合いが少なく女の子の登録が多いサイトだと、確実に会える!
割り切りとか、セフレとかもありだけど、
管理人は主にかわいい女の子と援助交際を楽しんでます。
中でもとくに、Jの女の子と援交しやすかったサイトをちょっとだけ教えます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺の右手は彼女の潮でずぶ濡れになっていた…
縄から彼女を解き、ベットへと移動する…

フラフラの彼女をベットへと押し倒し、彼女をペニスで犯しはじめた…
正常位、測位…
アソコにペニスを咥えた彼女は、貪欲に性的快感に溺れ続けていた…

「ああぁぁぁぁぁぁぁ… あぁん… はぁぁぁ… 気持ちいぃ… あぁぁん…」
「ほら…援助交際の気分を味わいたいんでしょ… いっぱい犯してあげるよ…」
「あぁぁぁぁ… いい… 気持ちいい… はぁぁぁぁん…」

ベットはギシギシと音を立て、イヤラシイあえぎ声と激しい息遣いが続き、
やがて最後を迎えた…


今年の春から大学受験の為に上京して来た彼女…
これから春までの間は、自由になる時間など殆どないだろう…
ストレスが溜まり、援助交際のように犯され、メチャクチャにされたくなったらいつでもおいで…
恥ずかしい位にメチャクチャにして、スッキリさせてあげるよ…
いつも援助交際してくれる女の子を探すのに使ってるサイトで出会った予備校生の彼女の可愛らしい喘ぎ声を聞きながら…

俺は彼女を一旦、手枷から解き、後ろ手に縛りあげ、天井のフックへと固定する…
下半身をオモチャに犯されている彼女…
目の前の大きな鏡に恥ずかしい姿が写し出されていた…
天井からの縄を緩めに固定し、彼女にペニスを頬張らせる…

「んんん… んんんんんぅ… はぁ… んんんん…」
喉の奥までペニスに犯されている彼女の口からは、大量の唾液がイヤラシク床に落ちていく…

「あぁ、気持ちいい… ほら… 恥ずかしい自分の姿を見てごらん…」
「ん… んん…」

首を横に振りながら、ペニスを頬張り続ける彼女…
今までにこんなイヤラシイ光景を彼女は目にした事は無いだろう…
オナニーを続けていた援助交際の妄想が現実となっていた…

彼女から電マとバイブを外し、指で彼女を犯しはじめた…
「ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ… あぁぁぁぁ…」
「いやぁぁぁぁぁ… お願い… お願い… もう許して…」
「ん~?辛いのか?」
「ああぁぁぁぁぁぁぁ… 気持ちいぃ… だめ… はああぁぁぁぁぁぁぁぁ…」
素直な彼女に電マという凶器が襲い掛かろうとしていた…
俺は、ローターの何倍もの振動の電マを彼女のパンティーのお尻側から突き刺す…

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ… はぁっ… はぁっ…」大きく体を揺らす彼女…
「ん? どう? 気持ちいいの?」
「はぁぁ… ぅぅぅぅぅん… 気持ち… いぃ…」
「まだまだ… これからもっと気持ちよくなるよ…」

そう告げると、彼女のパンティーを剥ぎ取り、縄で電マを再度固定した…
そして、後ろからバイブで彼女のアソコを犯しはじめる…

電マの振動音、バイブのヘッドがウネウネと動くモーター音、
ローションと彼女の愛液でヌチヌチョと音を立てながらバイブが出し入れされる音、そして彼女の喘ぎ声…
部屋には、様々なイヤラシイ音が響いていた…

「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん… あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ… あぁぁぁぁぁ…」
「気持ちいいんだー? イヤラシイ娘だなぁ…」

縄で彼女のアソコにバイブも固定し、彼女の目の前に移動した
そして、彼女の耳元で囁く…

「ほら… 来て良かっただろ? クセになっちゃうかもしれないけどね…」
「あぁぁぁぁぁぁ… はぁぁぁ… 気持ちいぃ… 気持ち… いぃ…」

俺は、彼女の喜ぶ顔をしばらく鑑賞する…
出会った時のあどけない表情とは全く異なる、綺麗でセクシーな切ない表情・・・
「イヤラシイ表情してるよ… そんなに気持ちいいんだ?」
「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ… ぁぁぁぁ…」
サイトで出会ったいじられたい願望アリの予備校生の彼女のために俺はSMホテルを選んだ・・・

もちろん、彼女はSMホテルに入る事は初めて…
俺は一番ノーマルに近い部屋を選択した…

一番ノーマルに近い部屋だが、
普通のラブホテルと比べると、かなり異質な空気を持っている…
部屋には、天吊り手枷や拘束椅子が設置され、
トイレは別室になっているがドアという物は存在しなかった…

部屋に入った俺は、不安がる彼女を抱き寄せ、
天井から吊るされている手枷に手を固定した…

「ほら…、こーやって使うんだよ…」
「動けないでしょ?」
「…うん」
「…これから、どんな事されるか、分かるかい?」
「………」

俺は、彼女の服を脱がし、パンティーの中にローターを入れる…
彼女の細くてか弱い喘ぎ声が部屋に響き渡り始めた…

「ぁぁぁん… ぅぅぅぅぅぅん… ぁぁぁぁん…」
「大きくてイヤラシイ胸だね…」
「…こんな事されたかったんだ? 勉強もしないでこんなイヤラシイ事シテていいのかな?」
「ぅぅぅん… ぁぁぁぁん… はぁぁぁん…」

俺は、身動きの出来なくなった彼女の唇を犯し、
涎を彼女の口の中へと流し込みながら、舌を絡ませ続けた…

彼女はローターにクリトリスを犯され、腰がひけてしまっている…
その腰をガッシリと掴み、イジワルな言葉を口にしながら、彼女のHカップの豊満な胸を貪り始めた…
イヤラシク音を出し、息遣いを荒げながら…

「ジュパッジュパッ、はぁ、はぁ…、あぁ~、本当にイヤラシクて綺麗なおっぱいだ…」
「あ… あぁぁん… あっ…」
「ん~? オジさんに犯されて気持ちいい?」
「あ… 気持ちいぃです… あっ…」
「そう… もっと気持ちよくしてあげるからね…」
「あぁぁぁぁん… はい… もっと気持ちよくしてください…」
こんなにも可愛い娘をいやらしく苛めることを想像して、興奮をしてしまっていたが…

援助交際ではないとは言え、彼女は予備校生…
これからのシーズンは、来春に向けて、夏期講習は多忙なスケジュールで詰まっているはず…

時間は昼過ぎ…
予定や心の準備、色々な問題をクリアしなければならないが、
恐らくこのまま今日という日が過ぎてしまうと、
彼女は援助交際などアブノーマルなことがしたいのにできないという悶々とした気持ちを長い間持ち続けなければならない…
俺は思い切って、今日会う事を提案してみた…

それまでのメールのやり取りである程度、俺の事を信頼してくれたのか…
縛られ、自由の効かない状態でオモチャでいやらしく延々とイジメられる事に対する興味か…
彼女は快く承諾し、15時にとある駅で待ち合わせをする事に…

15時…
俺は改札で彼女を待っていた…
あまりに早い展開に少しの不安を抱きながら…

10分位遅れて彼女が笑顔で現れてくれる…
背が高く、ほっそりとした輪郭の可愛い娘…
髪が黒いせいか、少し落ち着いている雰囲気があった…
細い体に全く釣り合わない、大きな胸がイヤラシク強調されていた…

挨拶を済ませ、早速ホテルへと向かった…
ホテルへと向かう道すがら、お互いの共通点でもある、
Mr.Childerenの話題で盛り上がる…
時折、イジワルに大きな胸に手を伸ばし、イヤラシク揉みながら…

そして、ホテルへ到着…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。