FC2ブログ

援助交際のススメ~名古屋のエロ娘其のニ

ここでは、「援助交際のススメ~名古屋のエロ娘其のニ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは軽く食事を取る為、名古屋駅近くのファミリーレストランへと入った…
ファミリーレストランへと向かう最中、俺の左手は彼女の形のいいお尻をイヤラシク触っていた…

相変わらず恥ずかしそうな彼女…
そんな彼女と会話を楽しみがら食事を取っていた
年下の半同棲の彼氏が居て、彼氏は少しM…
…そして、今、俺の目の前に居る
たっぷりといやらしくイジメられる為に…

ファミリーレストランを出た俺らは、タクシーに乗り込みあるホテルへと向かった…
事前に調べたそのホテルには、SMルームがいくつか存在していた…

部屋の扉を開けると赤で装飾された室内が目に飛び込んでくる…
X十字架、診察台、大型の移動式鏡、照明もスポット式の薄暗い明かり…
部屋全体が赤く、SMをイメージさせる空間がソコには広がっていた…

圧倒的な存在感で俺らを受け入れる部屋…
俺は優しく彼女に声を掛けた…

「…ちょっと怖いね」
「…うん」

不安がる彼女を抱き寄せキスをした…
そして、俺の手は既に彼女の体を弄り始めていた…
細い体に似合わないしっかりとした胸を弄び、徐々に手は下へと進む…
パンティーの上からゆっくりと彼女の秘部をなぞる…
クリトリスに刺激を与えると膝をガクガクと震わせながら、吐息をあげた…
「はぁぁぁ… あぁぁぁ… あぁぁぁぁ…」
「感じやすいイヤラシイ体なんだね…」俺はそっと耳元で囁いた

彼女をソファーに座らせ、ローターを取り出した…
小さめのヘッドのローターは彼女のクリトリスをピンポイントで刺激する事が出来る…
俺は、2つのローターを彼女のパンティーの中に滑り込ませた…
スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。