FC2ブログ
女子〇生やエッチな女の子、人妻と援助交際出来るサイト
色んなサイト試してきたが、男の割り合いが多いサイトだと、中々出会えないことが多い。
逆に、男の割り合いが少なく女の子の登録が多いサイトだと、確実に会える!
割り切りとか、セフレとかもありだけど、
管理人は主にかわいい女の子と援助交際を楽しんでます。
中でもとくに、Jの女の子と援交しやすかったサイトをちょっとだけ教えます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイトで出会ったいじられたい願望アリの予備校生の彼女のために俺はSMホテルを選んだ・・・

もちろん、彼女はSMホテルに入る事は初めて…
俺は一番ノーマルに近い部屋を選択した…

一番ノーマルに近い部屋だが、
普通のラブホテルと比べると、かなり異質な空気を持っている…
部屋には、天吊り手枷や拘束椅子が設置され、
トイレは別室になっているがドアという物は存在しなかった…

部屋に入った俺は、不安がる彼女を抱き寄せ、
天井から吊るされている手枷に手を固定した…

「ほら…、こーやって使うんだよ…」
「動けないでしょ?」
「…うん」
「…これから、どんな事されるか、分かるかい?」
「………」

俺は、彼女の服を脱がし、パンティーの中にローターを入れる…
彼女の細くてか弱い喘ぎ声が部屋に響き渡り始めた…

「ぁぁぁん… ぅぅぅぅぅぅん… ぁぁぁぁん…」
「大きくてイヤラシイ胸だね…」
「…こんな事されたかったんだ? 勉強もしないでこんなイヤラシイ事シテていいのかな?」
「ぅぅぅん… ぁぁぁぁん… はぁぁぁん…」

俺は、身動きの出来なくなった彼女の唇を犯し、
涎を彼女の口の中へと流し込みながら、舌を絡ませ続けた…

彼女はローターにクリトリスを犯され、腰がひけてしまっている…
その腰をガッシリと掴み、イジワルな言葉を口にしながら、彼女のHカップの豊満な胸を貪り始めた…
イヤラシク音を出し、息遣いを荒げながら…

「ジュパッジュパッ、はぁ、はぁ…、あぁ~、本当にイヤラシクて綺麗なおっぱいだ…」
「あ… あぁぁん… あっ…」
「ん~? オジさんに犯されて気持ちいい?」
「あ… 気持ちいぃです… あっ…」
「そう… もっと気持ちよくしてあげるからね…」
「あぁぁぁぁん… はい… もっと気持ちよくしてください…」
スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。